おま国のSteam版テイルズオブゼスティリアを買ってみた

日本語化は “一応” できる

Steam版テイルズオブゼスティリアの日本語化のやり方。
直接Steamでは買えませんが、外部ストアで1000円しないで買えます。

ゼスティリアのダウンロードが終わったら、Steamランチャーを終了する。
ライブラリー内の「steamspps」内の「appmanifest_351970.acf」をメモ帳で開く。

続いて、「language」内の「English」を「japanese」に変更。

これで終わり。
あとは普通にSteamを起動してゼスティリアを起動するだけ。

……が。

綺麗に日本語化されているわけではなく、結構ぐちゃぐちゃ。

おまけにボタン設定もおかしい。
画面内の表示と実際のボタン配置が違う。

※追記
少しやってみた結果、メニュー内は日本式の決定・キャンセルで、それ以外は欧米式のボタン配置だった。ただひたすらにやりにくい。

ゼスティリアは “んほれる” のか?

一回目は起動と動作の簡単な確認だけで終了。

で、二回目起動したらフリーズ、のち「DPC WATCHDOG VIOLATION」のブルースクリーンが出ました。

Windows再起動のち、恐る恐るゼスティリアも再起動。
三回目はなんとか無事に起動する。
しかしウインドウモードでウインドウの位置を記憶しないというクソ仕様が発覚。

さらに30FPS固定という超クソ仕様も発覚。
60FPSにするmodも簡単に見つかるけど、今どきPCで30固定はありえねー。

GamesPlanetの15周年記念セールで、シンフォニア(アクティベートできるけど日本語なし)と一緒に買ったんですけど、どっちもやれたもんじゃないですね。1300円返せよ。

結論。Steam版テイルズオブゼスティリアは ”んほれない” ということが判明しました。

※追記
さらにプレイしてみたところ、オープニングムービーを終わって少し歩くと謎のCTD。
やれたもんじゃない。

有名なコピペ全文

プロデューサー「Mちゃんの声だけで抜けるわぁ…」

スタッフ(うわぁ来たよ…)

プロデューサー「ゲームの進行はどうだい?」シコシコ

スタッフ「現在ここまで進んでいます」

プロデューサー「導師である主人公が騎士のヒロインと共に旅をする物語…ふんふん…」

プロデューサー「このヒロインの声優誰?」

スタッフ「Aさんですね」

プロデューサー(そっかぁ…)

プロデューサー「このゲームなんか違うんだよね…王道すぎるというか…ひねりがないよねぇ…」

スタッフ「うわぁ…」(そうですか…)

プロデューサー「そうだ!このヒロインを途中で離脱させて別の真ヒロインをカッコよく登場させようよ!」

プロデューサー「声優はMちゃんね!これは面白くなるぞ!」

スタッフ「で、でももうヒロインと主人公は公開してますし!物語も殆ど出来上がってますよ!」

プロデューサー「いやいや…まだ絵とか公開しただけでしょ?」

スタッフ「色んなメディアにコンビで宣伝してますし!」

プロデューサー「ヒロインとは書いてないだろ」

プロデューサー「ヒロインは工事現場で働く仕事出来たとかなんか理由つけて途中退場にしてそのシナリオの続きを真ヒロインにやらせりゃいいよ」

スタッフ「ゲーム内での装備品ももう沢山用意してます!」

プロデューサー「それはそのままでもいいんじゃないもうさ」

プロデューサー「Mちゃん出そうよ~」ドピュピュ

スタッフ(こんなのおかしいって…シナリオとかも書き直しだぞ…こんな馬鹿Pの好きにさせてたまるか…)

スタッフ「フィギュアも主人公とヒロインの製作が決定してます!真ヒロインだか何だか知らないですけど突然入れられても困りますよ!」

プロデューサー「フィギュアは別に出せばいいだろ、キャラのフィギュアが2体出るってだけでヒロインがどうとか関係無いし」

プロデューサー「まあ見た目とか可愛いから人気も出るだろうし、客引きに最大限利用してあげてよ元ヒロインちゃんをさ」

プロデューサー「売れりゃあ文句ないっしょ?それより真ヒロイン合流してからのストーリーを考えようよ!」

プロデューサー「暗殺系の万能主人公が前人気出たから真ヒロインもそれで行こうよ!かっこいいし絶対人気出るって!」

スタッフ「あの…このシリーズは主人公とヒロインの仲が魅力の一つでもあるはずですよね、それを途中から変えちゃうって詐欺みたいな事になりませんか?」

プロデューサー「じゃあなんで最初からMちゃんをヒロインにしなかったの!?君のチョイスミスでしょ!?」

プロデューサー「ストーリーは元のストーリーを基礎にして元ゴミの退場と真ヒロインの登場入れてそこから真ヒロインの魅力を前面に出しつつ熱いシナリオにすれば完璧だぁ…」(勃起)

スタッフ「でもそんな雑なすり替えしたら設定に矛盾が出たりストーリーがおかしくなっちゃいますよ!!」

プロデューサー「このシリーズのストーリーなんて気にしてる奴いないだろ」

プロデューサー「シナリオは徐々に作り変えながらゲームの中身を完成に近づければ期限も間に合うでしょ」

プロデューサー「元ヒロインには客寄せとして主人公と共に宣伝頑張ってもらってみんなのハートを鷲掴みにしたところでMちゃんの真ヒロインの登場で大盛り上がりだ!」

プロデューサー「さっそくMちゃんと交渉しよう!」シコシコ

声優Aさん「あー!まさか私がヒロインやらせてもらえるだなんて!嬉しいなぁ…頑張るぞ!!」

スタッフ「Aさん?ちょっといいかな…」

………

声優Aさん「えっ…建設工事イベントで退場してそのまま本編には一切出ない?…あの…私ヒロインって…」

スタッフ「本当に申し訳ないです…あのまだ内緒なんですけど…DLCでは活躍させる予定ですので…」

Aさん「…はぁ…」

Aさん(私のキャラがポスターになってる…ははっ)

Aさん「雑誌の表紙にもなってるよ…」

Aさん「主人公とヒロインのセット出演ここまで多くやってる作品もないよなぁ…」

Aさん「あっ…私はヒロインじゃなかったんだっけ…」

Aさん「なんでヒロインじゃないのに発売前の特別アニメ化で私のキャラと主人公の物語やってるのよ…」

Aさん「はぁ…」

プロデューサー「いいぞ~!真ヒロインとその仲間たちとの真の絆!最高だ!」

プロデューサー「Mちゃんの声が特にいい!」ドピュピュ

スタッフ(このゲームもうダメかもしれない…中身はボロボロ…外装だけなんとか取り繕って良く見せてるけど…途中でストーリー変わったせいでゲームシステムも満足に調整出来てない…)

スタッフ(こんなのが記念作品になるだなんて…はぁ…)

スタッフ「とりあえずDLCも取り掛かっておくか…Aさんの為にも…」

プロデューサー「ん?!DLCもやる気満々なのかい!!どんな話にするつもりなの?」

スタッフ「えっ…えー…離脱したヒロインのその後を…」(これはマズい…)

プロデューサー「……」

プロデューサー「いいじゃない!!」

スタッフ「え…?」

プロデューサー「離脱したヒロインの事を描いてないとそりゃ不満も出るだろうしね…大切な事だよ」

スタッフ「はい!そうですよね!頑張りますよ!」

プロデューサー「離脱したヒロインの所にMちゃんの真のヒロインがやって来て可哀想な元ヒロインに手を差し伸べて共に戦う事を誓うんだな!!」

スタッフ「は?」

プロデューサー「そうだろ?」

プロデューサー「Mちゃんの最後の舞台だな…!頑張ってくれよ!」

スタッフ「いやいや…Aさんのキャラの為のシナリオであってMさんのヒロインは関係ないというか…必要ないですよ!」

プロデューサー「は?お前Mちゃんは必要だろ馬鹿か?」

プロデューサー「お前なんかむかつくな…Aのキャラは性格ひねくれててMちゃんのキャラに殴りかかろうとして逆にやられて従うようになるストーリーにしろや」

スタッフ「えぇ…」

プロデューサー「俺はプロデューサーだぞ」

スタッフ「はい…」

スタッフ「Aさん、DLCの台本出来ました読んでください」

Aさん「えっ…なんでこの二人いきなり喧嘩始めてるんですか…」

スタッフ「じゃあお願いします」

Aさん「私のキャラの性格これ本編に比べておかしくないですか?…なんか別人が書いたみたいに…」

スタッフ「お願いします」

Aさん「はい…」

スタッフ「人気シリーズ最新作ついに発売です!!!皆さん是非遊んでみてください!!!!!」

プロデューサー「あぁ…Mちゃん最高だよ…」シコシコ

そして今彼はこの作品で高い売り上げを出し、作品シリーズ総合プロデューサーに昇格されたが
その後作品がボロクソに叩かれ大炎上し
ついに退社した

END

※本人はファミ通のインタビュー内で明確に否定しています。

──もうひとつだけ、あえて聞かせてください。一部のユーザーの方からは、特定の声優さんに肩入れするような理由でシナリオを改変したのではないか、という声も上がっているようですが……?

馬場 そのようなことは、断じてありません。『テイルズ オブ』シリーズのストーリー、ゲーム性は、開発チーム内で幾度となく協議を重ね、全員で作り上げているものです。もしも、僕や一部のスタッフが私情を挟んだり、圧力をかけるようなことがあったとしたら、チームそのものが崩壊し、『テイルズ オブ』シリーズを今日まで続けることは到底できなかったはずです。これまでも、これからも、チームが一丸となって開発していくことに変わりはありません。

『テイルズ オブ ゼスティリア』馬場英雄プロデューサーに訊く、“ヒロイン”のこと、シリーズの“これから”のこと。(3/3) – ファミ通.com (famitsu.com)

ちなみに馬場英雄氏はこのあと退社、スクウェア・エニックスに入社してスタジオイストリアの代表取締役を務めていましたが特に何もしないままスタジオは閉鎖、本人も退社。
その後、ディライトワークスに在籍して、開発費30億円超、売り上げ7000千万程度といわれ、半年を待たずにサービス終了が発表された「サクラ革命」の開発に携わったといわれています。

Mちゃんとは?

小松未可子さんだといわれています。
小谷実可子さんは関係ありません。

小松 未可子(こまつ みかこ、1988年11月11日 – )は、日本の声優、女優、歌手。三重県桑名市出身。ヒラタオフィス所属。所属レコードレーベルはトイズファクトリー。
代表作には『HEROMAN』(ジョーイ)、シングル「Black Holy」、『モーレツ宇宙海賊』(加藤茉莉香)、『ガンダムビルドファイターズ』(イオリ・セイ)などがある。

小松未可子 – Wikipedia

小谷 実可子(こたに みかこ、1966年8月30日 – )は、東京都出身の女子アーティスティックスイミング選手、スポーツコメンテーター。日本大学文理学部卒業。本名・杉浦 実可子(旧姓・小谷)。スポーツビズ所属。ロシア人やアメリカ人などと比べると体つきが胴長の日本人は水中で技と美を競うシンクロナイズドスイミングでは不利といわれているが、その中で実績をあげた人物としても名高い。

小谷実可子 – Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました