古いパソコンでYouTubeが重い場合の対処法

スポンサーリンク

重いものを軽くする、発熱を防ぐ 

 

最近のYouTube動画は、古いCPUに対応していないエンコード方式のため、やたらと負荷がかかって熱くなったりファンが回ったりします。その場合は、この拡張機能「h264ify – Chrome ウェブストア」を入れると解決するかもしれません。h264形式の動画にして、古いCPUでも問題なく再生できるようにします。

 

拡張機能の概要には、

 

YouTubeでVP8 / VP9ビデオの代わりにH.264ビデオをストリーミングします
YouTubeの動画が途切れたり、CPUを使いすぎたり、バッテリーを消耗したり、ラップトップを熱くしたりする場合は、h264ifyを試してください。

デフォルトでは、YouTubeはVP8 / VP9エンコードされたビデオをストリーミングします。 ただし、VP8 / VP9は通常ハードウェアアクセラレートされていないため、これにより、性能の低いマシンで問題が発生する可能性があります。

対照的に、H.264は一般にGPUによって加速されるハードウェアであり、通常、よりスムーズなビデオ再生とCPU使用量の削減を意味します。 h264ifyは、VP8 / VP9ビデオの代わりにYouTubeがH.264ビデオをストリーミングするようにします。

 

と書かれています。

タイトルとURLをコピーしました