初めてのアリエクでXiaomiのモニターライトを買ってみた

初めてのAliExpress

注文から到着まで

4/4に注文、最初の予定日が4/26で、それがいつの間にか5/3に延びてて、結局4/25に着きました。
支払いはPayPalが使えるので楽勝、サイトの日本語具合もなんとかなるレベルでした。

で、着いた荷物がこちら。

中華あるあるの、雑な梱包の上からテープ上のものでぐるぐる巻きにされてるやつ。
……まあ、送料無料だったから許す。

で、中身。

外箱はベコベコでした。これはちょっとなぁ……となる人も多そう。
まあ中身が動けばそれでいいよ。

日本未発売のXiaomiのモニターライト

日本未発売のブツなんで、当然説明書にも日本語なんかありません。
でもモニターライトなんてケーブルくっつけて終わりだろ?
……と思ったら。

・リモコンの電池の開け方がちょっとコツがいる。
・肝心のモニターライトが点かない

と散々でございました。
電池の開け方は、「裏蓋の部分だけ回す」ことが必要。リモコン全体をぐるぐるさせても何も進展しません。

問題なのが「モニターライトが点かない」ということ。
結論からいうと点いたんですが、どうも「電源やケーブルが強すぎても点かない」ようです。
具体的に言えば、10W以上出る環境でCtoCケーブルを使うと点かず、AtoCケーブルだと点くんですよね。
こちらBenQのモニター使ってるんですが、BenQ純正のモニターライト用に背面にUSB-C端子があります。そこからCtoCケーブルでつなぐとうんともすんともいいません。
……どういうことなんでしょう?
結局他のコンセントから電力を供給することにしました。

モニターライトそのものは素晴らしいです。BenQの純正モニターライトが一番安いモデルでも12,000円(今確認したら約13,000円になってました)、これは5000円しないで買えると考えるとXiaomiの圧勝ではないでしょうか。なぜかCtoCケーブルが使えないことだけは大幅にマイナスです。これが許せないという人はBenQがいいでしょうね(それ以外のメーカーの格安品は置きが不安定だというレビューが散見されます)。
「モニターライトなんて意味あるの?」と半信半疑だったので安いのを買ってみましたが、なぜか見やすさというか目の疲れ具合がはっきり違ってびっくりしました。同じく半信半疑の人はモニターライト、一度使ってみることをおすすめします。
これが端から端まで45cmほどですが、27インチでも普通にフィットしてます。モニター自体もバックライトで光ってるので少々短くても気になりません(BenQ製の方は52センチほどで、一回り大きい)。
もちろん角度を調整できますが、いちばん外側の角度にして目線より10cmくらい高い位置に設置しても、光が直接目に入ることはありません。

結論:AliExpressは普通に使えるレベルの通販サイト。

タイトルとURLをコピーしました