やっとDetroitをクリアしたので感想

ネタバレなし感想

2018年5月25日発売と、発売されて結構時間が経つので需要はないでしょうが、一応買うかどうか悩んでいる人に向けてのネタバレなし感想から。

・物語は最高。分岐もかなり多いので全部見るのは大変そう。
↑しかも2週目以降もスキップや早送りの類いはない。
・ただしゲームとしてはクソ。操作が移動とQTEだけしかない。
・時間制限がある場面も多く、操作性の悪さも相まってものを探しきれないときがある。これがすんげーイライラした。
・現代版「街~運命の交差点~」。
・選択肢が尋常じゃないくらいシビア。誰を殺すか、誰を生かすか、見殺しにするかしないか等。
・ネットを探しても攻略っぽいものがあまりない。
・あまりいわれないが、翻訳も最高級。洋ゲーの翻訳を全部この人にしてくれってくらいには最高。

セールで2000円くらいなら悩んでいる人は買っとけ! といいたい。
Steam版は公式推奨スペックより一回り以上高いPCを用意すると動作が安定するかも。

ネタバレあり感想

やっと一週クリアしました。ただ二週目はやらない可能性が高いです。ゲームとしてクソすぎるのでもう触りたくない。
一応心残りはあって、カーラが死んでしまったのでそこをハッピーエンドにしたいのと、マーカスで和平ルートを選んだけどバチバチな交戦ルートも見てみたい。 
ハンクも敵対ののち自殺させてしまったんですが、友好的な関係を築けたら仲間になって最後助けてくれたりするのかな?
……などなど、分岐が多すぎていろいろ妄想させてくれるゲーム。ただゲームとしてはクソなのでやり直すのに気が進まない(しつこい)。

あとは和平ルートを進んでノースの好感度がバリバリ下がってるのに恋人ルートになるのは納得がいかなかった。
随所に見られたハリウッド式脚本術も個人的にはマイナス。これ大っ嫌いなんですよね。これが嫌でアメリカ初の映画やドラマはほとんど見なくなってしまいました。

不満点もありますが、総評としては「買い」です。

タイトルとURLをコピーしました