Androidなら必須! のWidevine DRMに関する知識

iPhoneやiPadには一切関係ない話です

Widevineって何?

なんかAmazonPrimeVideoの画質がパッとしないなー、ということは最初から気づいてたんですが、まさかこういう話だったとは。
記事タイトルにもある「Widevine」というセキュリティーがあるんですが、ストリーミング動画配信サービスを綺麗な画質で見るためには、それがL1であることが絶対条件なんですね(L1だったら絶対見られるというわけではないらしい?)。これはOSのアップデートなどで変更されることは期待できないため、絶対に買う前にチェックしておかないと行けません。

……が、このデータ、スペックとか見ても書いてないですよね。少なくとも私は見たことないです。なので、その端末を買った人に教えてもらうしかないです。
とりあえず手持ちの端末のセキュリティーレベルを調べるのはこのアプリで可能です。DRM Info (5 Years Anniversary) – Google Play のアプリ

ネトフリやアマプラを見たいならL1必須

で、結論なんですが。
ネトフリやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを、FHD(1080p)で見るならWidevine DRMがL1必須。
スマホなら動画を見る解像度はそれほど気にならないと思うので割愛します。
問題はタブレット。
マジで結論だけ書いてしまいますが、2020年5月現在はHuaweiのM5とT5しかありません。それ以前のHuawei端末、それ以外の中華メーカーのタブレットは全部「L3」です。中華以外の有名メーカー製品も、私が調べた限りではL3ばっかりでした。
Androidタブレットで綺麗な動画を見たいなら、HuaweiのM5(Lite含む)かT5。おぼえておきましょう。

Widevine L1のデバイスについて詳しく知りたい方はこちら。
Netflix officially certifies 23 more devices for HD playback – 9to5Google

関連記事
スマホ
シェアする
ame-arareをフォローする
あめあられ
タイトルとURLをコピーしました