Amazonプライムデーに備えてのおすすめリスト

2022年のAmazonプライムデーの日時は7月12日~13日です。

とりあえず最近買った~これから買おうとしているリストを並べてみます。

プライムデーに備えての基礎知識

当然ですが、まずはプライム会員にならないと始まりません。
プライム会員の登録はこちらから。

次にギフト券。ギフト券をチャージすると、プライム会員なら2.5%分のAmazonポイントが貯まるので、ギフト券をチャージしてから買い物をしたほうがお得です。
ギフト券のチャージはこちらから。

あとこれは一部の人にしか該当しませんが、Amazonコインもお得。
だいたい10%から15%の割引率ですが(10%割引なら9000円で10000円分の課金ができるのでお得)、プライムデーは20%を超える割引にも期待できます。
ゲーム以外のアプリやhuluやNetflixなどのサブスク系の月額にも利用できるのをお見逃しなく。
Amazonコインの購入はこちらから

ポイントアップキャンペーン

エントリーが必要です。
エントリーはこちら。

スタンプラリー

こちらもエントリーが必要です。
エントリーはこちらから。

個人的おすすめリスト

ヨーグルトメーカー

まずはヨーグルトメーカー。
健康食品として定着しているヨーグルト。
これは牛乳の中にヨーグルトを入れて発酵させるとヨーグルトを増やすことができるというスグレモノです。
しかも元が数千円と安い上に、一ヶ月使えば元が取れるという、「ヨーグルトメーカーを使ってない人、全員バカです」といえるくらいの品物です。まさに現代の錬金術といっても過言ではありません。
使い方も全然難しくないので、自身を持っておすすめします。

出力表示付きUSBケーブル

最近はスマホも急速充電が流行で、「最大〇〇ワット!」なんて売り文句も珍しくありません。
……が、実際にその出力で充電できているかどうかはわかりにくかったりします。
そこでおすすめなのがこのケーブル。C to Cで最大100wまで対応、さらに今何wで充電されているかというのがひと目でわかります。
想定した出力が出ていないという場合、充電器、もしくはスマホ本体がその速度に対応していません。
同じモデルのA to Cケーブルも合わせてどうぞ。

完成品タイプのエアロバイク

これは私自身、プライムデーで買おうと思っているものです。
ずっとエアロバイク or スピンバイクがほしいなーと思っているんですが、どれも組み立て式なんですよね。組み立て式ってめんどうだし、失敗したりするし小さい部品が入ってなかったり自分でなくしたりと、あんまり気がすすまないんですよね。
ところがこの「BIKEBOX」は完成品なのでその辺の心配もなし。
普段は26800円で売られていますが、定期的に? 20100円で売られているのでそこが買い時でしょう。

消費電力測定機能付きスマートプラグ

少し前に買ったのがこれ。PCをグレードアップさせるために、使用電力のビフォーアフターを調べたいと思って買いました。節約したい、あるいは地球に優しい生活をしたい! という人におすすめです。
スマホにアプリをいれると電力の測定やネットにつながったスマホで電源のオンオフが可能になります。タイマー機能(スケジュール機能)ももちろんあります。

Fire TV Stick

なんとなく買ってみましたがこれマジで素晴らしいです。特に普段音楽や映像を垂れ流しにしている人におすすめ。何がおすすめかって、消費電力がほとんどないんですよ。PCだとアイドル状態でも数十ワット消費し続けていますが、Fire TV Stickはなんと1w前後。
あと単純に便利です。これがセール時4000円とかで買えちゃっていいの? というレベル。
ちなみに4K未満のテレビやモニターを使っている人でも4K MAXを買ってしまって問題ありません。ほんの少しだけど4K MAXの方が処理が早いです。

エネループと急速充電器

エネループの何がいいって長く見るとコスパがいい……ことよりも、急に電池が必要になっても外に買いに行かなくていいのが素晴らしいんです。日本ですから、地震を始めとした災害が原因の停電がいつ起きてもおかしくないですからね。スペーサーを使えば単3→単1などのサイズ変更も簡単です。
エネループ用の充電器は、出力端子があるモデルならモバイルバッテリーとしても機能することも注目ポイント。
強いて不満点を上げるなら、充電器の更新がされていないことです。タイプC対応の急速充電器を出してくれ!

Androidタブレット

Androidタブレットを選ぶ上で非常に重要で、かつわかりにくいのが「Widevineセキュリティレベル」の問題。これが「レベル1」じゃないとネトフリやAmazonプライムビデオをフルHD以上で視聴することができません。ここでおすすめする商品はすべて「レベル1」です。謎の中華タブレットなんか(TECLAST T40 PROなど)はすべてといってもいいくらいのほとんどが「レベル3」なので、安いからといって飛びつくと後悔します。

まずはこちら、AmazonのFire HD。セール時は10インチモデルでも約1万円で買えます。
動画とブラウジングがメインという人ならこれが最強コスパタブレットになるでしょう。
今まで2回購入していますが、一度も故障したことはありません。
GooglePlayをインストールしたり、画面ロックをオフにしたりするのには多少の知識が必要ですが、検索するとすぐに引っかかります。方法も難しくありません。
プラスか無印かはお好みで。「え、それ何?」という人は安い方を買いましょう。

次に、長らく王者不在のAndroidタブレット界の新スタンダードといってもいい、「Xiaomi Pad 5」。こちらは4万円以上とお値段は貼りますが、ハイスペック+120hz液晶とコスパでいえばFire HDに引けを取りません。ゲームも遊びたい! という人はこちらがおすすめ。私自身もお金に余裕があればほしい一品です。
ちなみに、先述したようにこれも「Widevineセキュリティレベル1」なんですが、使い方によってはレベル3になってしまうそうです。その場合は、Googleアカウントの二段階認証を有効にしたあとにファクトリーリセットをかけるとレベル1のまま使えるそうです。

DCモーターの扇風機

扇風機には大きく分けて二種類あります。ACモーターとDCモーターです。
この二種類はどう違うのか? まずわかりやすく違うのが値段。ACは安くてDCは高いです。
じゃあなんで値段が違うの? となりますよね。
それはいろいろありますが、ここでは重要なふたつを解説します。
ひとつ目は電気代。DCの方がかなり安いので、頻繁に、しかも長く使うのであれば重要な要素。ACは0.5~1円、DCは0.1~0.5くらいといわれています。
ふたつ目が風の質。ACの風って、長く当たっていると疲れるというか、具合が悪くなってくるんですよね。DCの風はそれがかなりなくなります。これがかなり大きくて、決心してDC扇風機を買ってよかったと思っている点です。
ちなみに私が買ったのはこれ↓です。

タイトルとURLをコピーしました