あめあられ

趣味ブログです。家庭用ゲームやPC用ゲーム、各種周辺機器の記事が多いです。

My Time At Portia(きみのまちポルティア)の感想・評価

 

 

My Time At Portia(きみのまちポルティア)の感想・評価

 

目次

 

はじめに

今月のHumble Monthlyでゲットしたポルティア。前々から興味があってウィッシュリストに入れていたゲームでした。

実際プレイしてみると、やっぱりおもしろい。期待を裏切らないおもしろさ。

どうしても知名度的に「マイクラの亜種」と位置づけてしまう人もいそうですが、実際は「3D版のStardew Valley」です。Stardew Valleyが好きで、似たようなゲームがやりたいと思っている人は間違いなく買いです。

その上で、ちょっと不満点も交えて評価します。

 

割と不親切

洋ゲーあるあるというか、国産ゲームが親切すぎるというか。

これに関しては、手探り感が好きな人には逆にプラスになります。

 

忙しすぎる

今のところ、これが最大の特徴であり不満点ですかね。

StardewValleyもそうだったんですが、時間が進むのが早く、その上やることが多く、依頼にも時間制限があるしで、本当にせわしないです。特に序盤はまだゲームを理解していないので、何もかもが追いつきません。これに関しては、そういうゲームなのだと割り切ることが重要ではないかと思います。

「攻略サイトを見て効率プレイ」主義の人には、あまり楽しめないゲームかもしれません。

 

ボリュームはある

一応15時間ほどプレイした時点では、まだまだ家や施設のレベルが低く、やれることがいくらでもあるといった感じです。この手のゲームのご多分に漏れず、そのほとんどは単調作業なわけですが、それが嫌いならこのゲームに興味は持たないでしょうから、あまり問題視はしません。

つまり、時間をもてあましている人に対しては、さらにおすすめ度がアップします。