あめあられ

趣味ブログです。家庭用ゲームやPC用ゲーム、各種周辺機器の記事が多いです。

はてなブログの読者数について調べてみた

&考えてみた

 

はてなブログの互助会とピグの思い出の続きです。

 

目次

 

読者数という数字の意味

ドラゴンボールでいう戦闘力よりも、ワンピースでいう賞金額に近いんですかね。強さの目安にはなるけど完全に比例してないという意味で(しかしワンピースの作中ではすでに戦闘力的な扱いになってるように見える)。

もしくは学歴や収入みたいなものかもしれません。それがすべてではないけど、あるに越したことはない、みたいな。

率直なところ、この時点では読者数という数字にそれほど魅力は感じません(ただし読者数が0人のブログがこんなことを書いてもひがみにしか見えないでしょう)。

 

読者数とPV数の関係

とはいえ、やはり読者数とPV数は関係がある様子。まあ普通に考えればあるに決まってますよね。このブログはそれなりに収益を増やすことを目的にしているため(最近は諦めがち)、間接的に読者数に価値を感じざるを得なくなってきます。

そうなると、「どうやって読者数を増やすのか?」という方向に進んでしまうわけですが……

いろいろ調べてみました。

「足跡を残すしかない」というのが大方の結論のようです。はっきりいって、それに比べれば記事のジャンルや内容などは些細な要因でしかないのでしょう。本当に内容でリピーターを捕まえているブログはひと握りどころかひとつまみ程度ではないでしょうか。

足跡というのは、こっちから読者登録したりスターをつけたりはてブをしたりということです。まあ、「数打ちゃ当たる」のスパム理論ですよね。実際それらを組織的に行う「互助会」と呼ばれる集団があるようですが、それに対しては否定的な意見が大部分を占めているように見えました。

 

読者数以外でPV数を増やしたい

元々「最近のGoogle検索は死んでいる」という結論から、「検索流入以外でPV数を増やす方法」を探ってそっちの道に迷い込んだため、ここで道を引き返してしまうと完全に迷子になってしまいます。

しかし他に道はなく、あるとすれば先述の「スパム道」しかありません。

 

結論

お金だろうが読者数だろうが、数字を稼ぎたいなある程度気が進まないこと、汚いことにも手を出すべき。

ブロガー同士の交流というものにも今さら興味がないし、それこそ互助会みたいな上っ面だけの交流なんてごめんです(そういうことをするスタミナ的なものがない。だからコメント欄もつけてない)。かといって完全ランダムのスパム的な方法もやりたくない……んですが、読者登録はされたら返す感じで、ブログ巡りをしておもしろいと思った記事にスターをつけるくらいのことはしようかな。

こういう岐路に立ったときに、気が進まないことでもやれる人が社会的な成功を手にするんでしょうね。

 

人のブログなんて全然見ないので、単純にもうちょっと知るべきか。そうすれば先述のひがみっぽい印象も改善されるかもしれないし。興味の守備範囲が重なる人に対してならそこそこおもしろいものが書ける自信はあるけど、そもそも自分の趣味がかなり斜陽なものばかりなので厳しいか。

というわけで、興味のないジャンルでも読ませる人がいれば是非参考にしたいところです。