あめあられ

趣味ブログです。日々思うことを綴りつつ、据え置きゲームハードとかPCゲー(Steam)等に関して有益な情報を届け! できればいいなと思います。

DOA6システム解説・キャラ共通攻略

ちょっとはっきりしないところや主観的な部分があります。随時加筆修正していく予定。

 

DOA6 キャラ別攻略 目次

 

①クリティカル継続と確定反撃の注意点

DOAシリーズは、投げは発生フレーム+1、打撃は発生フレーム+2がないと確定しない。具体的には、硬直差が+8以上でなければ7F投げ(ほとんどのキャラは6T)が確定しないし、クリティカル中の有利が+20以上でければ発生18の技はつながらない(普通にガードされるということ)。

 

②各種ブレイク技について

ブレイクホールドは位置を入れ替えてちょっと間合いが離れて、ホールドした側が+5なので、ほとんど五分。つまりリスクもリターンもほとんどない。相手をフェイタルスタンにした場合、よほど読み切っている場合でない限り攻め継続をするべき。強いて気にするなら壁際の位置関係くらい。

また、ブレイクブローはガードさせても有利で、相手の上中段を裁きつつ攻撃できるが、出始めを投げられる。ホールドする場合は全キャラ共通で中Pホールド?

ブレイクブローキャンセルでコンボをつなぐのは効率が悪く、自己満足の部類。効率よく行くなら相手の打撃を見てから割り込むのが一番いい。

 

③サイドステップ周り

DOA6はサイドステップ攻撃が非常に強い。

が、サイドステップを読んでフェイタルラッシュの1発目を重ねると相手が背向けやられになり、ホールドもブレイクホールドもできない確定コンボが決まる。ただしフェイタルラッシュはヒットしないと2発目以降が出せず、1発目ガードで-12か-13(キャラによる)なのでそれなりのリスクがある。