あめあられ

趣味ブログです。家庭用ゲームやPC用ゲーム、各種周辺機器の記事が多いです。

【DOA6】ジャン・リー攻略・コンボ

どんなキャラ?
下段が弱いということ以外はこれといった弱点がない上に扱いやすく、初~中級者帯では間違いなく強キャラ。初心者におすすめ。

 

DOA6 キャラ別攻略 目次

 

フェイタル技
214P
H+K(しゃがみカウンター限定)

H+Kは、相手の起き上がり下段蹴りに合わせるとフェイタルスタンを取れる。

 

叩きつけ技
4KKP

 

クリティカル

6Pch(+20)、6H+K(崩れ)、4H+K
6H+Kはnhとchでつながる技が違うので、使いこなすのが難しい。nh時は追加入力4でドラゴンスタンスへ。ch時やクリティカル継続時ならなんでもつながる。コマンドの性質上、差し返し(スカ確)でも使う技なので、ちゃんと使いこなせるようにしたい。6Kならnh、chどちらでもつながるので迷ったらこれ(ただし離れていると拾えない)。

4H+Kは、ジャン・リーが正面から出せる唯一の中段追尾。nhでも3P、6K、6H+Kといった主な継続技すべてがつながるが、距離的に6H+Kが本命。

 

クリティカル継続

6H+K(崩れ)、3P(+33)、6K(+29)

上段、中段P、中段Kとどの継続も発生が早く、大きな有利を取れる。ホールドが多い相手には214Tや66Tを混ぜていこう。

 

浮かせ技

7K、33P、9K

33Pだけ発生が遅めな上、技の後に背向けになる。

 

壁コンボ

6H+K or 6P+K or 66K>9P>6K46K

 

コンボ例

6H+K4>ドラゴンスタンス中K>9P>9K>4KKP>ダッシュP+K
6Pch>3P>214P>33P>PP6P>PPPK
6Pch>6K>7K>9P4>ドラゴンスタンス中P+KP+KP+K
締めにダッシュP+Kを使うパターンは、クロースヒットさせるのがちょっと難しいので、「4KKP>ダッシュP+K」を「9P4>ドラゴンスタンス中P+KP+KP+K」に置き換えてもいい。状況によっては9P4を6H+K4に置き換えてダメージアップができる。

 

SSつぶしコンボ

相手のSSにFR1 or 4H+K>9P4>スタンス中P4>9P4>スタンス中P>7K>6H+K4>スタンス中P+KP+KP+K

6Tのあと相手が受け身を取ったあとにSSを出した場合、6T>ダッシュ4H+Kとすれば、受け身の種類にかかわらず背向けやられに持って行ける。

 

その他・立ち回りなど

中距離では3K4Kや66Kなど、リーチが長く、ガードされてもリスクが低い技を振るのがいい。

近距離戦、SSやSAが多い相手には9Pや4H+Kを振っていく。

下段は当ててもいいことがないので(1Kchで相手がダウンしてしまうため。nhだと強い)、中段と投げの二択でゴリゴリ行くのがおすすめ。各種派生にディレイを混ぜたり、途中で止めて投げたり。