あめあられ

趣味ブログです。日々思うことを綴りつつ、据え置きゲームハードとかPCゲー(Steam)等に関して有益な情報を届け! できればいいなと思います。

任天堂のamiiboについて考える

これは実にもったいないし、ユーザーのことを考えていないシステム……

 

悲願のベヨネッタ2を購入……したのはいいものの、ゲイツオブヘルにあるamiiboコーナー。ここで初めて「amiibo」なる存在を真面目に気にすることになった。amiibo開始以降、任天堂ハードに触れてなかったため、まったくといっていいほど理解していない。

調べてわかるのは、「amiiboを読み込ませることで、ゲーム内での特典が手に入る」というもの。結構プレイに影響する特典も多い様子? 値段は一括で¥1,200?

これだけならそこまでの問題ではない。問題なのは、任天堂が出荷数を絞っているということ。これにより手に入れられる人と手に入れられない人が出てきて、当然転売ということを考える輩が出てくる。ここが問題。現状は任天堂が転売屋に絶好のアシストをしているだけという状況。スプラトゥーン2など、子どもにも人気のあるタイトルは競争率が高く、再販、再々販を望む声がそこら中で見られる……が、任天堂はその声に応じる気配はない。

出せば出すだけ儲かるのになぜ出さないのか?

自社のユーザーが転売屋に食い物にされている状況をどう考えているのか?

このあたり、すごく気になります。

Switchは今年だけでもスマブラ、ポケモンという目玉タイトルが控えているので、これからもどんどん売れるでしょう。それなのにこの状況に手を打たないというのじゃ理解できないところです……