あめあられ

趣味ブログです。日々思うことを綴りつつ、据え置きゲームハードとかPCゲー(Steam)等に関して有益な情報を届け! できればいいなと思います。

ペナルティのヒデがプチ炎上した件

君の名は。バナー

ワッキーじゃない方

 

ペナルティのヒデが、「RAGE」のスプラトゥーン2部門のmcをやるも、ゲームの知識一切なし(Splatoonすら読めない)、出場者を(悪い意味で)いじり倒して会場冷え冷えなど、結構やらかしたそうです。

こういうのは呼ばれた側もやる気ないなら断れよって思いますが、やっぱり6:4ぐらいで起用する方が責任重いんじゃないかなーとずっと思ってます。

少し前に、モンストの「HIKAKIN軍団対ダチョウ倶楽部」みたいな企画をやったときに、土田晃之がナウ・ピロのことをヒゲだのニートだのとずっといじってて冷え冷えだったのと似てるかな?

それよりもさらに前に、バカリズムがYouTuberを見下しまくってるみたいな感じで話題になったけど、だいたいテレビタレントの認識の平均値ってそこに近いんだろうか。今となっては大して変わらないんじゃないかなーって気もしますが。

ただ、タレントはたとえなんといわれようがテレビに出た時点で上位数%の超勝ち組なのに対し、個人配信は誰でもできる時代ですからどうしても平均値は下がる。そこを一緒にして「ぞわぞわする」のはちょっと違うんじゃねーかなとも思いますね。

 

ちょっと話がずれてしまいましたが、プレイヤーに対するクソつまんねーいじりに対して「リスペクトがないいじり、最悪だ」という声が聞かれましたが、それっとリスペクトがないというより、はっきり見下してるからそういう言動になるのかな? と推測。そんなクソみたいな仕事は受けないでほしいし、オファーする方もそのくらいはちょっと調査したらわかるだろ、と。

その辺の問題に関しては武井壮さんの評価が高いですね。リスペクトも感じるし知識もちゃんと勉強してきてる、とのこと。

最近自分で見た中ですげーと思ったのはEVO JAPANの八田亜矢子さんかな。最初は「え、何この謎人選?」と思ったところからスタート。さすがに格ゲーの知識はないと思うんですが、それを感じさせない立ち回りで、黒子タイプのMCを無難にきっちりこなしてた。格ゲーに詳しい歌広場淳さんが出てたので、そちらをもうちょっといい扱いしてもよかったのかなとも思いましたが。

 

ド下手な声優(中身は普通のテレビタレント)とかもそうですが、プロなんだから関係者全員がそれなりの意識を持ったら今回のヒデのような事故は起こらないはず。それなのに珍しくないペースで起こってしまうのは一体何が原因なのか……