あめあられ

趣味ブログです。日々思うことを綴りつつ、据え置きゲームハードとかPCゲー(Steam)等に関して有益な情報を届け! できればいいなと思います。

いじめと学校

いじめは厳罰化するしかない……のか?

どこの教師も学校も無責任だとしか思えないいじめ問題(本当は「いじめ」という表現も好きではないのですが便宜上こう呼びます)。
学校側の責任を追及しない代わりに、強制的に警察介入という方式にした方がいいんじゃないかと思います。ほとんどの場合、目撃証言には事欠かないでしょうしね。

一時期、「学校がいじめをかたくなに認めないのは、いじめの件数によって校長の退職金が減るからだ」なんて噂があって、それを否定していた人もいましたが、何かそれに近い仕組みがあるんじゃないかと思わずにはいられない、それほど学校側の対応は不自然。よくある「第三者のいじめ調査委員会」なんてものが役に立った試しも聞かないし。

結局学校側にしてみれば、「死者が出さえしなければいじめはなかったことになる」というのが大きいんでしょう。なんだかんだで自殺なんてそうそうできるものではないし、殺人事件に発展するケースも稀で、「知らないフリをしてスルーする」というこそくな戦法には計算できるほどの勝算があります。

いじめの発生自体を防ぐのは絶対に無理なので、学校や教師に罰則を与えるという方法では解決に近づけないでしょう。しかし「発生したにもかかわらず何もしない」というあたりには明確な罰則がほしいところかも。

  

いじめの「学校調査」に闇。被害者の依頼で探偵が突き止めた真犯人 - ネタりか
↑ここまで頑張ってやっとスタートといったところ。

この国は加害者(=犯罪者)側が有利すぎるんだよな。